イジメに発展することさえもある子どもの”毛”に関するトラブル。

子育てをしているお母さんたちにとって、子どものイジメは深刻な問題です。

当然のことですが、自分の子どもがイジメ加害者になるのもイヤですが、自分の子どもがイジメ被害者になるのを望んでいる方もいないでしょう。

しかし子どもたちは、本当に些細なことをきっかけでイジメのターゲットを決めることがあります。

つまり“毛深さ”がイジメの原因になることもありうるのです。

イジメリスクを減らし・心の発育を助ける脱毛ケア 子どもでも出来る3つの脱毛ケアとは?

読売新聞の掲示板サイトである「YOMIURI ONLINE」の『発言小町』をご存じでしょうか?

このトピックスの中でも、自分の子どもの毛深さに関する悩みが多く投稿されていて、多くの方が子どもの”毛”について問題意識を持っていることが伺えます。

「うちの子、毛が濃いけど大丈夫かしら?」「まだ小さいから大丈夫だよね…?」

しかしお子さんの毛深さをどのように客観的に判断して良いのかわからないという方も多いでしょう。

そんなアナタは次の項目にチェックをつけてみてください!

【疑問】子どもに脱毛させても大丈夫なの?


一昔まえは「子どもは自然のままが一番!」と思われていました。

もちろん、身体になんの問題もないのに脱毛する必要はありませんが、脱毛したからと言って、子どもの身体に悪影響を与えるということはありません。

子供の使用に適さない除毛・脱毛クリームを使う場合は、子どものホルモンバランスを乱れさせてしまう可能性がありますが、カミソリや毛抜き、脱毛サロンといった脱毛であれば、子どものホルモンバランスに影響を与えことも少ないでしょう!

逆に体毛について子どもが悩んでいるのにも関わらず、ソレを放っておくと、子どもの心の発育に悪影響を与えてしまう場合もあります。

子どもの脱毛(3歳以上~)も大人同様に身体に悪影響を与えないものがあります。

もしお子さんが“毛”のことで悩んでいるのなら、子どものイジメリスクを減らすことにもなり、心の発育に良い影響をあたえることも考えられますので、積極的に脱毛を取り入れても良いのではないでしょうか?

[子どもの毛深さCHECK]アナタの子どもは普通? それとも毛深い?

  • パパ・ママともに毛深い方だ
  • 赤ちゃんの時から比較的毛深い
  • 口にうっすら毛が生えている
  • 毛のことでからかわれたことがある
  • 子どもが体毛のことで悩んでいる

上記の項目のうち、チェックが2つ以上ついたのなら・・・

お子さんは客観的に見て「毛深い」といえるかもしれません。

両親が毛深い場合は、お子さんも毛深くなりやすいですし、生まれた時から毛が濃い子は成長するに従って、より毛が濃くなる場合があります。

またお子さん本人が自分の毛深さを気にしていたり、友だちから毛についてからかわれた経験がある場合は、毛深さが原因でいじめに発展する可能性も否めません。

それでは2つ以上チェックがつき、客観的にお子さんが「毛深い」と診断された場合、親御さんはどういった行動を取れば良いのでしょうか?

次の章では子どもにあった無駄毛の処理方法を考えてみたいと思います。

[子どもの体毛処理比較]お子さんにあった毛の処理方法は?

カミソリ 毛抜き 脱毛・除毛クリーム ムダ毛対策化粧品 脱毛器 脱毛サロン
肌への刺激
肌への負担
抑毛力
(そもそも毛が生えてこない)

(そもそも毛が生えてこない)

(そもそも毛が生えてこない)
処理のしやすさ
コストパフォーマンス
手軽さ
子どもが自分で処理できる
(できるが危険)

大人でも体毛を処理するとなると、カンタンには行きません。

カミソリ負けをしてしまったり、除毛クリームのせいで、肌が荒れてしまったり、ひどい人になると除毛クリームなどのせいでアレルギー反応が出てしまうことも。

もちろん、子どもは大人よりも肌が弱く、身体もデリケートのため、大人以上に注意が必要です。

上記の表をご覧頂いてもわかる通り、カミソリや毛抜き、除毛・脱毛クリームは肌の刺激が強く、お子さんの肌を傷つけてしまう可能性があります(カミソリや毛抜きで一生残る傷がついた、除毛クリーム等のせいでアレルギー反応が出てしまうなど)。

これらは金額こそ安いですが、デリケートな子どもの肌を深く傷つけてしまう――特に女の子の場合は――可能性が高い!

またカミソリや毛抜きのせいで、肌にダメージが蓄積されて、黒ずみやボツボツ・ブツブツなどが肌の表面にあらわれてしまうこともあります。

つまり、デリケートな子どもの肌を脱毛すると考えた時に、お子さんの肌にやさしい選択肢は「ムダ毛対策化粧品」「脱毛器」「脱毛サロン」の3つとなります。

それでは「ムダ毛対策化粧品」「脱毛器」「脱毛サロン」は、どのような子どもにオススメなのでしょうか?

アナタのお子さんはどれを選ぶべき? お子さんごとの無駄毛ケア判断

ムダ毛対策化粧品

<年齢が低い、肌が弱い、脱毛器を使えないお子さん向け>

脱毛・除毛クリームよりも刺激が弱いものの、定期的に使うことで毛を生えにくくすることが出来る除毛クリームは、小さなお子さんでも使える脱毛ケア商品です。

カミソリや毛抜きのように肌に負担をかけないだけでなく、脱毛・除毛クリームのように身体に負担をかけないため、肌が弱いお子さんやアトピー持ちのお子さんでも安心して使えます。

また脱毛器の使い方が良くわからない小さなお子さんでも、ムダ毛対策化粧品なら塗るだけなので、楽に使えます。

ただムダ毛対策化粧品は毎日のように肌に塗り込まなければならないので、小さいお子さんはお母さんと一緒に使う必要があります。

脱毛器

<やや肌が弱い、自分で脱毛処理が出来るお子さん向け>

最近の脱毛器は、肌が弱い人でも使えますが、肌が弱いお子さんの事を考えると、刺激が強いものはつかなわい方が良いのは言うまでもありません。

「やや肌が弱い」程度であれば、脱毛器を使っても問題ありません。

また、ある程度自意識が芽生え、自分で自分の毛を処理したいと思っているお子さんであれば誰にもバレずに使える脱毛器は、嬉しい存在だと言えるでしょう。

しかも、ムダ毛対策化粧品のように毎日使う必要はないので、自分で体毛を処理出来るけれど、めんどくさがりで毎日クリームを塗りたがらない、というお子さんをお持ちの場合は、いつでも手軽に使える脱毛器の方が良いでしょう。

ただし、小さなお子さんでは使いこなすのが難しいという側面も。

脱毛サロン

<肌が弱い、可愛くなりたい、体毛にコンプレックスがあるお子さん向け>

脱毛サロンと言うと、大人が行くものだというイメージがありますが、最近では子どもも脱毛サロンに通う時代です。

しかも、過去の脱毛サロンのように痛みがなく、脱毛期間も短いので、習い事に塾にと何かと忙しいお子さんや「可愛くなりたい」「体毛にコンプレックスがある」というお子さんにも脱毛サロンはオススメなのです!

プロがしっかり大人と同じように、脱毛してくれるため、肌が弱いお子さんでも、肌を傷つけることなく脱毛することが可能です。

もちろん、サロンで行う脱毛は他の脱毛よりも、毛が生えにくく、コースで施術を受けると、その後は毛が生えなくなることもあります。

脱毛サロン、唯一の欠点がお金がかかるという部分ですが、トータルコストで考えると決してお高くはありません。

しかも、ご紹介しているサイトなら年齢に関わらず、3歳から脱毛サロンに通えるので、年齢とトータルコストで考えると、脱毛サロンが一番オススメかも♪

子どもに合った脱毛ケアをもっと知りたい!オススメの脱毛ケア方法3選

「自分の子どもに合った脱毛ケア方法がわかったけれど、それじゃあどこで、どんな脱毛品や脱毛サロンを使えば良いの!」というお母さんたのめに、オススメの脱毛コンテンツをそれぞれご紹介したいと思います。

[おすすめムダ毛対策化粧品]コントロールジェルME

◇商品の特徴




コントロールジェルME

  • 大手ボディケアサロン200店舗でも使用
  • お風呂上がりに、さっと塗るだけ
  • 6週間ずっと塗布したら、その後は3日に1回でOK!
  • 天然植物成分が主原料だから、身体に優しい

20年以上、美容業界で愛され続けているムダ毛対策化粧品が『コントロールジェルME』です。

除毛クリームではなく、化粧品として作られているため、肌に対する刺激は圧倒的に低いのが特徴です。

肌への刺激は弱いもののコントロールジェルMEの成分が毛穴の毛根にまでしっかり浸透するため、毛の発育を遅らせ、結果的に毛を生えにくくすることが出来るのです。

さらにコントロールジェルMEは天然植物成分で作られている商品なので、大人はもちろん、小さなお子様でも使えるぐらい、安全です。

脱毛の効果を実感出来るまでに、早い方だと2週間程度で効果が出るだけでなく、ある程度効果が出た後は3日に1度の塗布で済むので、お母さんの手間もめんどうな手間もはぶくことが出来ますよ!

[おすすめムダ毛対策化粧品]ケノン

◇商品の特徴




ケノン

  • レーザー脱毛よりも、脱毛力が強い
  • 肌への刺激が弱く、顔にも使える
  • カートリッジタイプで何度でも使える
  • 120gと軽いので、お子さんでも使いやすい

過去には、レーザー脱毛器が主流でしたが、現在はレーザー脱毛器よりも脱毛効果があり「フラッシュ脱毛器」が主流となっています。

そのフラッシュ脱毛器の中でも、脱毛効果が高く、顔にも使える脱毛器が『ケノン』です。

ケノンは、お子さんも使いやすい優れものの脱毛器!

肌への刺激も弱く、脱毛効果も早い、
さらに120gと脱毛器自体が軽く、携帯タイプなのでいつでも使えるという、大人もお子さんも使えるケノンは、お子さんだけでなく家族みんなで使える脱毛器です。

またレーザー脱毛器と使って、照射部分の交換ができるカートリッジタイプなので、脱毛能力が下がっても、カートリッジを交換すれば、いつでも新品同様の照射力を実感することが出来ますよ♪

[おすすめ脱毛サロン]ディオーネ

◇商品の特徴


  • 全国100店舗の子ども向け脱毛サロン
  • 独自の「ハイパースキン法」で肌ダメージ・痛み”0″
  • 脱毛&美肌+コラーゲン生成を助け将来も毛穴が広がりにくい
  • 全身くまなく脱毛ケア可能!

全国100店舗で、子ども向けの脱毛サロンを運営している店舗が脱毛サロンの『ディオーネ』です。

毛深いお子さんのために真面目に運営してきたディオーネは、10年以上トラブルなしの、安心・安全の脱毛サロン。

子どもの肌でも傷つくことのないディオーネ独自の脱毛法「ハイパースキン法」で、デリケートなお子さんの肌へのダメージも痛みもなし。

なぜなら、体毛のもとである発毛因子を特殊な光の照射によって、減少させるハイパースキン法には熱や刺激によって毛根を焼くのではなく、光の照射で発毛そのものを予防するため、肌へのダメージが少ないんです!

さらにハイパースキン法は脱毛効果だけでなく、美肌効果もあり、肌をキレイにする効果もあるので、小さな時から他の子と確かな“差”をつけられます。

しかも、コラーゲン生成を助ける効果もあるため、成長段階で増える毛穴の広がりも予防し、大人になっても子どもの頃のような美しい肌を維持することが出来ます。

もちろん、全身くまなく脱毛ケア可能なので、Vゾーンもプロの手でしっかり脱毛が可能。

そろそろお子さんがVゾーンを気にしだしたら、さりげなくディオーネをススメて見ませんか?

お子さんの心のケアも含めて、脱毛させてみませんか?

お子さん自身が「私、脱毛したいから…」と、自分から脱毛したいと言い出すのは難しいことです。

ただ、お子さんがなんとなく自分の体毛に関して気にしているようなら、ご紹介したどれかの方法をさりげなくススメてみてはいかがでしょう?

なかなか自分の悩みを言い出せずに、苦しんでいるお子さんも、お母さんから「これいいよ!」と背中を押されれば、自分から脱毛に関する悩みをお母さんに教えてくれるかも知れませんよ。

お子さんが身体の毛のことで悩んでいるように感じたら、とりあえずご紹介した3つの方法を、オススメしてあげてくださいね!