最近のムダ毛対策では「抑毛ローション」という商品が注目を浴びています。

脱毛でもなく、除毛でもない、「抑毛」です。

この抑毛ローションは、一体どういった特徴があるのでしょうか?

今回は気になる抑毛ローションと除毛ローションの違い、抑毛ローションのメリットとデメリットをご紹介していきます。

抑毛ローションと除毛ローションの違い

このふたつの最も大きな違いは、「抑毛ローションは、除毛ローションより肌に優しい」という点です。

さらに除毛ローションだけではなく、他の除毛剤や脱毛方法より刺激が少ないのが特長です。

肌への刺激が少ない点では、最も肌にやさしいムダ毛の対策法ではないでしょうか。

一方、除毛ローションは即効性がありますが、その分お肌への負担がかかります。

そのため痛みや肌荒れを伴うことがあり、敏感肌な方には向いていません。

その点抑毛ローションは低刺激なので、敏感肌の方も安心して使うことができます。

その反面抑毛ローションはあくまでもムダ毛の成長を「抑制する」ものなので、除毛ローションのような即効性はありません。

デートやお出かけの前日など、すぐに効果を出したいときには不向きです。

それぞれのメリット・デメリットは一長一短。

用途に合わせて使い分けるのがベストでしょう。




抑毛ローションのデメリット:時間はかかる

前述でもお話しした通り、抑毛ローションには即効性がありません。

抑毛ローションは除毛・脱毛するものではなく「ムダ毛の成長を抑える・遅らせる」「ムダ毛を薄くする」ためのものです。

目に見えた効果が現れるまで、ある程度の日数がかかります。

ちなみに効果が表れるのが早いかたで、約二週間程度、効き目が遅いかたで約二ヶ月程度もかかるそうです。

しかし長く使えば根本的に「ムダ毛が生えにくい体質」になることができます。

抑毛ローションはあせらず根気よく続けることが、成功の秘訣です。

抑毛ローションのメリット:肌に良い(優しい)、使い方が簡単で効率的

抑毛ローションが肌に優しい一番の理由は、「天然成分を中心とした原材料で作られた製品が多い」ということです。

肌に良い成分を使った商品が多いので、美容液感覚で使うこともできます。

美肌効果が高いので、エステサロンでも取り入れられているほどなのですよ。

抑毛ローションは皮膚への刺激が限りなく少ないので、全身だけではなくデリケートなお顔の産毛抑制にまで使えます。

ムダ毛処理と同時に美肌効果や毛穴の黒ずみを改善する効果など、なんと肌ケア効果も得られるのです。

これは除毛ローション・脱毛ワックスなどには真似ができません。

そして生理日中にも続けて使えます。

後述でご説明いたしますイソフラボンは生理痛を和らげる効果がありますので、一石二鳥ですね。

また生理日中に肌が荒れるという女性にも、その対策としておすすめです。

抑毛ローションに使われている成分にはこのようなものがあります。

イソフラボン(エストロゲン様物質)

ムダ毛の成長を抑える「女性ホルモン」の働きを促進します(ムダ毛を促進する男性ホルモンに対抗)。

パイナップルエキス

ムダ毛を増進するタンパク質を分解します。

その他にもイチョウ葉エキスやローヤルゼリーなど、お肌をスベスベにする効果が期待できる成分を合わせている抑毛ローション商品が人気のようですね。

また、抑毛ローションは使い方が簡単で効率が良いのも魅力です。

使うタイミングは夜の入浴後に一日一回のみ。ボディローション・フェイス用美容液代わりに塗るだけという手軽さです。

脱毛・除毛につきものの「肌荒れ・刺激」というデメリットをクリアした、お肌に優しい抑毛ローション。

即効性はなくても長い目でみて体質改善したいかた、ムダ毛抑毛と同時にお肌もツルスベ肌になりたい方におすすめのムダ毛対策法です。